読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独な諸国漫遊記

神社とレトロと、時々色街

壱岐島で見つけた、子孫繁栄神社

先ほど、紹介したネオン街の近くに

 

とても破廉恥な神社があった。

 

 塞神社 である

 

f:id:kodoking:20160505000220j:plain

 

破廉恥とは、失礼な言い方かも知れないので

 

私の持論を書こう。

 

私は、ここ数年破廉恥なものを見ても昔ほど、恥かしくはなくなった。

羞恥心が無くなったというよりは、性欲が無くなった。

と言ったほうがいいだろう。

f:id:kodoking:20160505001040j:plain

 

年配の方で、恥じらいもなくエロスな話を堂々とする方を何人か知っているが、

 

これも、エロスへの執着ではないかと私は思う。

 

心 体のバランスが崩れると体の衰いに心が付いていかず

エロスをしゃべることで性欲を発散させているか、

性への執着を誇示させていると思う。

f:id:kodoking:20160505002016j:plain

 

逆に心が付いていかなくなると

 

破廉恥なものを、破廉恥と思わなくなる。

 

すなわち、性欲がなくなるのだ。

 

前者から、ムッツリ助平とか陰険と思われるが

 

無欲までは言わないが、明らかに執着はすくなくなった。

f:id:kodoking:20160505002621j:plain

 

それで、先ほどの破廉恥と言ったが

 

私は、破廉恥なもの破廉恥だと思えて

なおかつ、恥ずかしと顔を赤くするぐらいが

 

心と体のバランスがとれていると思う。

 

破廉恥 言葉だけ聞くと あまり良い響きではないが

 

今回、私の持論を書くにあたって、あえて使わせていただいた。

f:id:kodoking:20160505003206j:plain

 

いま日本は、少子化で問題になっている。

 

私のような、子供がいない者が言うことではないが

 

近い将来 一人の成人が3人の老人の面倒を見る時代がやってくるだろう。

 

f:id:kodoking:20160505003520j:plain

f:id:kodoking:20160505003535j:plain

 

少しでも、少子化に歯止めがかかるように

 

このような神社は、大事にしてもらいたい。

f:id:kodoking:20160505003850j:plain

f:id:kodoking:20160505003902j:plain

f:id:kodoking:20160505003928j:plain

f:id:kodoking:20160505003938j:plain

f:id:kodoking:20160505003947j:plain

f:id:kodoking:20160505003956j:plain

 

性欲に火を付けるためにも

このような神社や行事は、後世に残すべきだし

 

何かと問題のある性教育も祭りを通して

性への興味と大人しか出来ないと言うことを

 

子どもたちになんとなくでも、知ってもらうことは大事だと思う。

f:id:kodoking:20160505004640j:plain

f:id:kodoking:20160505004647j:plain

 

 

f:id:kodoking:20160505004400j:plain

 

本当に素晴らしい物を見せていただいた

 

これからも、旅の途中で偶然の発見を出来ますようにと

願いを込めて 祈らせていただいた。