読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独な諸国漫遊記

神社とレトロと、時々色街

広島 薬研堀

以前も書いたが、色街や繁華街、横丁が好きな私は、旅に出た際はその土地でそれらを見て歩くようにしている。

 

 

広島 最大の繁華街 薬研堀

想像以上に大きく広かった。弥生町は、いい雰囲気を出している。

f:id:kodoking:20160404205613j:plain

f:id:kodoking:20160404205653j:plain

f:id:kodoking:20160404205737j:plain

f:id:kodoking:20160404205741j:plain

f:id:kodoking:20160404205757j:plain

 

私の理想とする繁華街は、善と悪が入り混じり ちょっと足を踏み入れるのが、怖いような恥ずかしいような場所で、遊んだあとは少し大人になったような気持ちになるような所だ。

 

文面にすると、うまく説明できないが

初めて夜遊びや、無断外泊をした気持ちになる街が好きだ。

 

 

f:id:kodoking:20160404210514j:plain

f:id:kodoking:20160404210528j:plain

f:id:kodoking:20160404210533j:plain

f:id:kodoking:20160404210537j:plain

f:id:kodoking:20160404210622j:plain

f:id:kodoking:20160404210626j:plain

f:id:kodoking:20160404210649j:plain

 

近年の諸事情により、こういった街はだいぶ少なくなった。

が絶滅したわけではない。ただ静かに息を潜めているようにも思える。

 

そんなわけで、私は私なりにこういう場所を探すのである。

 

f:id:kodoking:20160404211041j:plain

f:id:kodoking:20160404211053j:plain

f:id:kodoking:20160404211059j:plain

 

今回は、ストリップ劇場という、まさに絶滅危惧種も見ることができたし、ポン引きにも話しかけられた。

 

弥生町の遊郭跡も、建物こそ新しいが、どこか古くさくて懐かしい香りがした。

 

私はこれからも、こういった 

『中学生の頃、隠れてタバコを吸った時のような』

気持ちに、なれる場所を歩きたい。

 

 

 

宿泊したホテルの近くにも、私好みの横丁があったので最後に載せておこう。

f:id:kodoking:20160404211857j:plain

f:id:kodoking:20160404211852j:plain

f:id:kodoking:20160404211916j:plain

f:id:kodoking:20160404211922j:plain

f:id:kodoking:20160404211955j:plain

f:id:kodoking:20160404212008j:plain