読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独な諸国漫遊記

神社とレトロと、時々色街

いつかどこか

私が20歳ちょい前の事

 
大好きなバンドがいた。
 
ライブも一人で行ったりしたし、CDも全て買った。
 
毎日、毎日聞いていた。
 
あれから、20年近く過ぎようとしている。
 
今でも、私は くじけそうな時、落ち込んだ時 
 
凹んだ時だけ、聞いて助けられている。
 
本当に良い曲なのに、本当に好きなバンドのなのに、そんな気持ちの時ばかり聞いて本当に申し訳ないと思う。
 
 
心の何処かに、あの頃に戻りたいという気持ちが有るのかも知れない。
 
 
その歌の歌詞は
 
流行り廃りの早い世の中、足を踏み入れ抜け出せもせずに・・・
 
から始まり
 
勇気、やる気の持ち合わせわない。引っ込み思案それじゃ出来ない自慢。
 
ゴール目指しすり減ったソール
 
 
いつかどこか、のどかな旅に出よう
 
など、私と同年代の人間が当時作ったとは、思えないほど大人びた曲だ。
 
それが、今になって聴くと懐かしさと曲の意味で、涙を流してしまう。
 
 
本当に、この歌とバンドには助けられた。
 
 
だから、次は笑いながら聴こう。
 
そして、のどかな旅に出よう。